幸せ

お金持ちが優しい理由

投稿日:2019年5月20日 更新日:

お金持ちの人って基本的に優しいイメージがないですか?

いつも笑っていたり、失礼な人に対しても優しい人って多いと思います。

この記事では「お金持ちが優しい理由」について説明したいと思います。

お金持ちが優しい理由

結論から言いますが、お金持ちが優しい理由は単純明快です。

 

心に余裕があるから

 

これに尽きます。

文字通りお金持ちは一般人と比べてお金をたくさん持っています。

ということは、一般人と比べ心に余裕ができるのは当然です。

心の余裕とは

心の余裕と言っても捉え方は様々です。

例えば、お金持ちに失礼な発言をした場合。

お金持ちはすぐ怒ったりせずに、ニコニコして軽くあしらって終わりです。

この場合の心理として、相手よりお金を持っているので何があっても負けることはない、そもそも自分と相手は土俵が違うと考えることができます。

これが余裕です。

強者の余裕というやつですね。

そもそも、自分が相手をする必要性がなく自分にとってメリットがないことをわかっています。

お金持ちは幸せなのか

お金持ちになる = 幸せ

と信じて疑わない人、特に若者によくみられますが、果たしてこの公式は正しいのでしょうか?

有名な話で、「宝くじの高額当選者の未来がことごとく不幸」というものがあります。

これは、宝くじで高額当選をした人は、もれなく借金を抱えて、精神的に病んだり、自殺したりするケースが多いことです。

なぜ、不幸になるのか それは一度に大金を手に入れると人は狂ってしまうからです。

にも関わらず、今すぐ1億円をもらうか、毎月400万円ずつもらえて10年かけて合計5億円もらうかといった質問をされた時、今すぐ1億円を欲しがるのが大半の人間です。

これが不思議ですが面白いです。

お金持ち=幸せではない

「お金持ちになれば幸せだ」というそれは違います。

幸せになるには多少のお金が必要ですが、「お金がある=幸せ」ではないことを理解しておいてください。

お金は幸せになるための道具なのです。

例えばですが、家族に愛され好きなことをして日々過ごしている人はお金持ちでなくとも幸せなのではないでしょうか。

そして、幸せの基準は人それぞれ異なります。

正解なんてありません。

ですが、自分なりの正解を探すのが人生なのではないでしょうか。

みんながお金持ちにはなれない

少し脱線したので話を戻しますが、私たちが全員お金持ちになることはできません。

お金の量は限度があるからです。

現在世界中のお金のうち半分は世界で金持ち番付上位の8名が所有していると言われています。

1位:ビル・ゲイツ(マイクロソフト社創業者)
2位:アマンシオ・オルテガ(スペインの実業家。ZARA創業者)

3位:ウォーレン・バフェット(投資家)
4位: カルロス・スリム・ヘル(メキシコの実業家。中南米最大の携帯電話会社アメリカ・モビルを所有)
5位:ジェフ・ベゾス(Amazon.com創業者)
6位:マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)
7位:ラリー・エリソン(オラクル創業者)
8位:マイケル・ブルームバーグ(前ニューヨーク市長)

https://www.huffingtonpost.jp/2017/01/15/eight-men-own-half-the-worlds-wealth_n_14194250.html

このような錚々たるメンツは桁違いのお金持ちなので流石に勝てません。

ですが多少裕福に過ごすぐらいのお金は欲しいものです。

お金以外にも幸せになる方法はある

ここまでお金の話をしてきましたが、あなたは幸せになりたいのかそれともお金が欲しいのかよく考えてみてください。

幸せとは人それぞれ基準もなり方も異なります。

ですが一つ言えるのは

 

心に余裕があると人生が豊かになる

 

ということです。

内側から、心から幸せになることが一番早いのではないでしょうか。

-幸せ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成功者の真似をしたところで成功しない話

よく「成功者の真似をしたら誰でも近づくことができる」という言葉を耳にします。 その言葉を鵜呑みにして騙されていませんか? 成功者が成功したのにはきちんとした理由があるはずです。 この記事では本当に成功 …

【人生を豊かに】他人に期待しない方法

他人に期待して、裏切られることってよくあると思います。 「どうして、自分が望むことをやってくれないの?」 「期待していたのに、裏切られた。」 など、日常生活で悩んでいる人は多いです。 そうやって他人に …

好きなことだけで生きていかなくてもいい

YouTuberの代名詞的フレーズで「好きなことで生きていく」というものがあります この言葉はとても魅力的に聞こえます しかし、この「好きなことで生きていく」ということに囚われることはよくありません …