作業効率up

【初心者必見】ブラインドタッチの練習方法

投稿日:2019年5月31日 更新日:

パソコンを用いることが一般的になって、タイピングをするようになった人も多いと思います。

ですが、ブラインドタッチができる人は未だに少ないです。

ブラインドタッチは難しいものだと思っていませんか?

実はブラインドタッチは練習をすれば誰でもできるようになります。

そして、ブラインドタッチは作業効率を格段に上げてくれるので、習得することをおすすめします。

この記事ではブラインドタッチに興味がある方や初心者に向けて練習方法を教えたいと思います。

はじめに

今まで、キーボードを打ったことがないと言う方には関係ないですが、今まで自己流でやってきた方々はブラインドタッチを習得するまでに苦労すると思います。

理由は、ブランドタッチのは初めのうちは全くと言っていいほどできないからです。

自己流の癖がついてしまっている人は、とてもモヤモヤすると思います。

ですが、どうにか我慢して欲しいです。なぜなら、ブランドタッチを習得した方が作業効率が、桁違いに上がるからです。

少しずつ、少しずつできるようになっていくので継続して練習して欲しいと思います。

ブランドタッチとは

まず、ブランドタッチについての説明です。

ブランドタッチとは、手元(キーボード)を見ずにタイピングをすることです。

実はこの言葉は和製英語で英語では、タッチタイピングと言います。

オススメの練習法

実際に私が練習してきた方法を紹介したいと思います。

オススメの練習方法は美佳タイプを使って練習することです。

美佳タイプ

美佳タイプとは、無料のブラインドタッチ練習ソフトウェアです。

正式名称は「美佳のタイプトレーナー」です。

私はこのソフトを使って練習して、ブランドタッチができるようになりました。

美佳タイプの注意点!

美佳タイプはWindows専用のソフトウェアです。

ですので、Macを使う人は注意が必要です。

Macの場合は、Windowsをインストールすることによって可能になります。

まず行う練習

初心者がまず行うべき練習は「MIKAKANA 美佳のタイプトレーナ カナ編」のポジンション練習です。

ホームポジションに指を置くことから練習しましょう。

そして、キーの位置を覚えましょう。

こう言うと「嫌だ!」と思う人も出てくると思います。

ですが、心配しないでください。

キーの位置を暗記しろと言っているわけではありません。

ブランドタッチができる人は、キーの位置を暗記しているわけではなく、指が覚えているのです。

ですので、アルファベットと見ると指が自然にその方向へ向かうようになるまで練習しましょう。

次の段階に行くために完璧にキーの位置を覚えて置く必要はありません。

とりあえず、ホームポジションに指を置くことを覚えて、どのキーをどの指で押せばいいのかを把握出来ていれば十分です。

単語練習

ポジション練習を行ったら、次は単語練習をしましょう。

単語を打つ練習をするメリットは、実際にタイピングするときに単語をたくさん打つので、タイピング速度が上がることです。

スコアが出ますが、スコアを気にせずに正確にタイピングすることを意識しましょう。

あとは、これを繰り返すだけです!!

 

ちなみに、初めのうちは寿司打あまりオススメしません。

理由は、寿司打には一皿ごとに制限時間があるからです。

最初の頃は、時間に追われて焦ってしまってなかなかブラインドタッチが上達しないからです。

練習する上で大切なこと

初めにも少し言いましが、練習を初めてすぐに早く打つことは諦めてください。

最初のうちは、絶対に早く打てません。

ですから、体が覚えるまで、練習しましょう。

キーの位置を考えることなく、体が自然に文字を打つようになると嫌でも入力速度は上がります。

何事も最初が一番辛いです。

ですが、その壁超えた時見える景色は別世界になります。

自分がブランドタッチをしている姿を想像しながら、少しずつできるようになっていきましょう。

より速くタイピングするために必要なこと

ブランドタッチがある程度できるようになると、スピードを出したくなります。

私自身がそうでした。

ですが、スピードを求めて速くうとうとすると付きまとう問題があります。

そう、ミスタイプです。

より速くと言うことは言い換えると「より正確に打つ」と言うことです。

例えば、寿司打と言うタイピングゲームでより高いスコアを出すにはミスタイプは禁物です。

なぜなら、ミスタイプせずに打ち続けると時間が伸びるからです。

これは、ゲームの中だけではなく実際に文章を打つ時により大切になってきます。

理由は、ミスタイプをするごとにdeleteキーを押さなければいけないからです。

速く打ちたいのにいちいちdeleteキーを押しているとかなりのタイムロスであり、非常に効率が悪いです。

ですから、より速くタイピングするためには正確に打つことが必要になります。

これを理解しなければ、タイピング速度が上がることはありません。

まとめ

ブランドタッチの練習方法としておすすめなのは美佳タイプを用いることです。

ポジション練習 ⇨ 単語練習 の流れで練習していきましょう。

ある程度ブラインドタッチができるようになると、スピードを出したくなりますが、正確に打つことを常に一番に考えましょう。

「急がば回れ」ということです。落ち着いて慎重にタイピングをすることを心がけましょう。

頑張ってください!!

-作業効率up
-,

執筆者:


  1. アバター tales of the golden goose より:

    Thank you for your website post. Jones and I are actually saving for a new e-book on this subject matter and your
    blog post has made us all to save our own money.
    Your notions really clarified all our questions. In fact, over what we
    had recognized prior to when we ran into your excellent blog.
    My partner and i no longer have doubts and also a troubled
    mind because you have attended to our own needs in this post.
    Thanks

  2. アバター golden goose sneakers sale size 5 より:

    Dead pent articles, appreciate it for selective information.

  3. アバター my blog より:

    Marvelous, what a website it is! This blog provides helpful data to us, keep it
    up.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【作業効率UP】スタンディングデスクのメリット&デメリット

皆さんは普段勉強であったりデスクワークをしていると思います そして、そのほとんどが普通の学習机であったり、デスク、もしくはこたつなどイスや地面に座って作業をしていると思います それは当然です 学校でも …

【実体験】ブラインドタッチが出来るようになるまでの話

ブラインドタッチって、かっこいいですよね 「ブラインドタッチができる人はどうやって習得したんだろう?」と思っている人に向けて、ブラインドタッチができるようになった私の実体験を書いていこうと思います こ …