幸せ

【人生を豊かに】他人に期待しない方法

投稿日:2019年6月4日 更新日:

他人に期待しない方法

他人に期待して、裏切られることってよくあると思います。

「どうして、自分が望むことをやってくれないの?」

「期待していたのに、裏切られた。」

など、日常生活で悩んでいる人は多いです。

そうやって他人に振り回される人生では、疲れるばかりで幸せになれないでしょう。

そこで、この記事では「他人に期待しない方法」をお教えしたいと思います。

他人に期待すると起きること

まず、他人に期待すると起きることを整理していきます。

その1 思い通りならないとイライラ

思い通りにいかないとイライラ

他人に期待することで起きることとして、第一に思い通りにならないとイライラすることがあります。

これは、相手に過度な期待をしている時、

つまり、自分が相手をコントールしたいのにできない状態の時に起こります。

その2 メンタルが不安定になる

メンタルが不安定にな

「相手が期待を裏切ったらどうしよう。」

「また、裏切られるかもしれない。」

と悩み出すと止まりません。

こうなると、疑心暗鬼になり誰を信じていいのか不安になります。

精神衛生上良いとは言えません。

他人に期待しない方法

他人に期待しない方法

絶望というのは希望を持たないと生まれません。

裏切りというのは信じなければ生まれません。

では、どうすれば他人に期待しないようになれるのでしょうか。

いくつかのステップが必要ですが答えは簡単。

自分を変えることです。

単純ですが、意外と難しいことです。

それでは、自分を変えるためのステップを紹介します。

ステップ1 他人は他人、自分は自分の線引きを行う

他人は他人、自分は自分の線引きを行う

まずは、他人に期待する理由を考えましょう。

そもそも他人を期待してしまうのは自分の思い通りに動いて欲しいという自分勝手な気持ちがあるからです。

ですが、これがそもそもの間違いで「他人を変えること」はできません。

それに気がつけば、自分を変えるしかないということがわかるはずです。

「この人はこういう人なんだ。」と思ってスルーすればOKです。

自分の価値観を押し付けるのはやめましょう。

ステップ2 自分を基準にしない

自分を基準にしない

次は、自分を基準にするのをやめましょう。

言い換えると、自分と相手を比較することをやめましょう

相手が正しいかどうかは自分が決めることではありません。

ですから「自分はできるのにどうしてお前はできないんだ」と思うのは筋違いです。

これも自分の価値観を押し付けている状態です。

ステップ3 自分を信じよう

自分を信じよう

最後は自分を信じることが必要になります。

他人に期待するということは、同時に自分を信じることができていません。

他人に決定権を持たせて、自分は期待しているのです。

それでは、いつまでたっても他人に振り回されてしまいます。

信じられるのは自分のみ。責任は自分で取る。という気持ちでいましょう。

そうすればメンタルは安定します。

他にも役に立つ考え方

これらの他にも役に立つ考え方を紹介したいと思います。

相手に対する「負」の感情は自分を傷つける

相手に対する「負」の感情は自分を傷つける

怒りや、不満、嫉妬や恨みといった負の感情は自分を傷つけてしまいます。

自覚をしていなくても、そういった感情を持つことが癖になっている人は注意しましょう。

ここでも、自分と他人を比較しないことを意識しましょう。

自分のしたことはいつか自分に返ってくる

自分のしたことはいつか自分に返ってくる

よく聞く言葉ですが、私は本当だと信じています。

良いことをしていれば、いつか自分に返ってくるし、悪いことをしているといつか自分に返ってきます。

これが真実であるかどうかは重要ではありません。

私は、自分が良いことをしているという自負があると胸を張って堂々といきていくことができると考えます。

そうすれば、自然と周りには良い人が集まってきて幸せになれるでしょう。

周りを変えるにはまずは自分が変わる必要があるのです。

周りに合わせなくても良い

周りに合わせなくても良い

何でもかんでも他人に合わせる人がいます。イエスマンと呼ばれる人たちです。

彼らは、決して悪いと思っているわけではありません。

自分で考えることを放棄して、相手の機嫌を損ねないようにしているのです。

イエスマンは極端な例ですが、自分の感情を押さえる必要はありません。

なぜなら、言わないと相手には伝わらないからです。

いつまでも辛い思いをしないためにも自分の意見を口にするようにしましょう。

そうすれば、信頼関係を築き上げることができます。

そして何より、気が楽になります。

まとめ

今回の内容をざっくりまとめると以下のようになります。

他人に全く期待しないと言うのは不可能、というかそれでは生きづらい。

常に気を張らなければならず、ストレスになる。

自分の価値観を押し付けてはいけない。

相手は相手、自分は自分。相手を変えることは容易ではない。(試みなくて良い)

他人に期待する=自分に自信がない。

他人に振り回されないようにする。

自分中心でいい。その方が気が楽。

さいごに

いかかでしたか?少しでも参考になれば幸いです。

この記事を読んで、少しでも行動できる人は少ないと思います。

ですが、自分の人生は自分で決めるものなので、アクションを起こさなくても誰も文句を言いません。好きにしたら良いと思います。

あなたの人生を変えられるのはあなただけです。

-幸せ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お金持ちが優しい理由

お金持ちの人って基本的に優しいイメージがないですか? いつも笑っていたり、失礼な人に対しても優しい人って多いと思います。 この記事では「お金持ちが優しい理由」について説明したいと思います。 お金持ちが …

成功者の真似をしたところで成功しない話

よく「成功者の真似をしたら誰でも近づくことができる」という言葉を耳にします。 その言葉を鵜呑みにして騙されていませんか? 成功者が成功したのにはきちんとした理由があるはずです。 この記事では本当に成功 …

好きなことだけで生きていかなくてもいい

YouTuberの代名詞的フレーズで「好きなことで生きていく」というものがあります この言葉はとても魅力的に聞こえます しかし、この「好きなことで生きていく」ということに囚われることはよくありません …