ガジェット

【大学生向け】iPadはノートパソコンの代わりになるのか

投稿日:2019年6月5日 更新日:

iPadはノートパソコンの代わりになるのか

iPadがノートパソコンの代わりになれば、かなり楽になると思いますよね。

ノートパソコンを新調するより安い値段で手に入り、用途は多岐に渡ります。

『でも、実際iPadはノートパソコンの代わりとして使えるのか?』

という疑問にお答えしたいと思います。

iPadは完全にノートパソコンとしては使えない

iPadは完全にノートパソコンとしては使えない

結論から言ってしまいますが、

iPadは完全にノートパソコンの代わりにはなりません。

ですが、がっかりしないで下さい。

用途によっては、全然iPadで十分なこともあります。

後ほど詳しく解説したいと思います。

iPadとノートパソコンの違い

まず、iPadとノートパソコンの違いを整理していきます。

その1 得意分野と不得意分野

iPadとノートパソコンでは得意なことと不得意なことがそれぞれあります。

ざっくりまとめると、以下のようになります。

得意なこと 不得意なこと
    iPad ・ノート作り
・手書きイラスト
・ゲーム
・楽器の演奏
・どこでも作業
・ファイル管理
・動画編集
・マルチタスク
・高度なデータ作成
 ノートパソコン ・資料作成
・動画編集
・画像加工
・マルチタスク
・高度なデータ作成
・どこでも作業
・ゲーム

この表を見て、自分がどちらを買う方がいいのか検討してみてください。

その2 携帯性

携帯性

続いては携帯性です。iPadとノートパソコンでは携帯性が全然違います。

ノートパソコンは、持ち運んで使うよりも、どこか一定の場所に置いて作業することに向いています。

ですが、iPadは携帯性に非常に優れていて、気軽に持ち運ぶことができます。

例えば、布団の中に持って入って、作業やコンテンツを消費することができます。

また、その携帯の高さゆえにノートにすることも可能です。

その3 文字入力の速度

文字入力の速度

実は一番重要な点として、文字入力の速度の違いが挙げられます。

一般的にノートパソコンでは、キーボードをタイピングして文字入力を行いますが、iPadはスマホと同じような操作になります。

ですが、注意してほしいのが、iPadの文字入力はiPhoneとは全く異なるということ。

正直、iPadでフリック入力するのは非常に不便なため、オススメしません。

これは実際に使ってみなければ気がつかないことなので、実際に家電量販店などで、iPadに触ってもらうとわかると思います。

別売りのiPad用キーボードを購入することで一応解消はされますが、やはりノートパソコンと比べると入力速度は桁違いになります。

文書の作成にはノートパソコンには敵いません。

どういう使い方の人にiPadが合うのか

では、どういった使い方を想定している人にiPadが合うのかについてまとめたいと思います。

作業場所を選ばない人

作業場所を選ばない人

まず、考えられるのは作業場所を選ぶかどうかです。

ノートパソコンの場合、電源の供給が必要になるため外出先での長時間作業をするにはコンセントを使用できる場所が必要になります。

ですが、iPadの場合はモバイルバッテリーでの充電が可能なため、基本的に場所を選びません。

様々な場所での使用を考えている人には、iPadはおすすめです。

コンテンツ消費がメインの人

コンテンツ消費がメインの人

続いては、コンテンツ消費がメインの人です。

携帯性の話の中でも話しましたが、iPadは持ち運びが非常に便利です。

ですので、布団の中でYouTubeや映画を見たり、電車の中でニュースや漫画を読んだりする人には、ノートパソコンだと、場所を限定されてしまうのでコンテンツ消費をメインに考えるならiPadが良いでしょう。

愛犬や愛猫など、自分のペットの写真を大きな画面で見るのも活用法の1つです。

また、ゲームをしたい人もiPadはおすすめです。

iPhoneと違って、大きい画面の方が迫力も桁違いです。

簡単な資料の作成

大学のレポートを作成する程度の作業であれば、iPadでも全く問題ありません。

ですが、やはり文字入力が気になる方はキーボードを別で買いましょう。

資料の作成で注意すべき点があります。

それは、USB端子がないことです。

パソコンにデータを転送したいときにUSBメモリを使うことができないことに注意しましょう。※別売りの商品を買うことで解決できます。

まとめ

iPadはノートパソコンの代わりにはなりませんが、ノートパソコンよりも優れている点もあるので、あなたがどのような使い道を想定しているかによってどちらかを選択しましょう。

ノートパソコンの方が生産性が高いので、自分がたくさん作業をして、資料などを作成する場合はノートパソコンを買いましょう。

また、完全に仕事としてハードに使うと言う方は、iPad proの購入をお勧めします。

スペックの高さは言わずもがなですので、安心して仕事にも使えます。

さいごに

個人的には、パソコンは一台持っておいた方が何かと便利だと思います。

ですが、iPadという選択肢がないわけではないので自分の用途に合わせて考えましょう。

ノートパソコン(MacBook)とiPadの二台持ちがおすすめです。

iPadは最後の手段と考えていいと思います。

ぜひ参考にしてください。

-ガジェット
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【脱三日坊主】確実に継続出来るようになるアプリ!!

自分で決めたはずなのに「継続」って、なかなかできませんよね。 どうすれば、物事を継続できるのか知りたい人も多いと思います。 鬼のように強い意志を持っている人や相当の熱量があれば継続はできますが、なかな …

MacBookを買う人にUSキーボードをおすすめする理由

私がMacBookを購入する際に地味にこだわっていることがあります。 それは、キーボードです。 多くの人は何も考えずにJIS版のキーボードを選択すると思います。 というより、他の選択肢を知らないといっ …

パスワードを定期的に変更するのはNG!その訳とは?

「パスワードは定期的に変更しないと危険だ!」 そう思っていませんか? 実は、この考えは古いもので現在では逆に定期的に変更することが危険です。 ITの発展した現代では生きていく上で非常に大切なパスワード …

【注意】最安値iPad2018年モデルを買う前に今一度確認して欲しいこと

現在最もコスパがよく、おすすめしている人も多いのがiPad2018年モデルです。 ですが、安いなりに欠点もあります。 というわけでこの記事では、iPadの購入を考えている方、特に2018年モデル(以下 …

【2018年モデル】無印iPadを購入して変わったこと

2018年の夏、私は無印iPad(2018年モデル)とApple Pencilを購入しました。 それからやく1年が経ちました。 そこで、iPadを購入する前と、購入した後で変わったことがいくつかあった …