ガジェット

MacBookを買う人にUSキーボードをおすすめする理由

投稿日:2019年6月20日 更新日:

私がMacBookを購入する際に地味にこだわっていることがあります。

それは、キーボードです。

多くの人は何も考えずにJIS版のキーボードを選択すると思います。

というより、他の選択肢を知らないといったほうが正しいかもしれません。

ということで今回は「MacBookを買う際にUSキーボードをオススメする理由」について書いていこうと思います。

USキーボードとは

USキーボードとは

まず、USキーボードについて説明したいと思います。

USキーボードとは、その名の通りUS(アメリカ)式のキーボードです。

それに対して、日本で一般的に使われているのが、日本工業規格が制定しているJISキーボードです。

なぜUSキーボードをオススメするのか?

私がUSキーボードを選ぶ理由として挙げられるのは

見た目がカッコいいから!!

これに尽きます(笑)

いつもの見慣れたJISキーボードはごちゃごちゃしています。

JISキーボードと異なりUSキーボードは整然としていて、とてもおしゃれです。

なぜUSキーボードをオススメするのか?

せっかく美しいデザインのMacBookを購入するのであればキーボードも美しいほうが良いと考えるのは自然だと思います。

JISキーボードから乗り換える際の注意点

USキーボードをおすすめしますが、注意点もあります

その1 JISキーボードとUSキーボードの違い

そのため、JISキーボードとUSキーボードの違いを理解しておく必要があります。

JISキーボードとUSキーボードの違いを簡単にまとめると以下になります。

① controlキーの位置にcaps lockキーがある

② かな/英数キーがない

③ returnキーが小さい

④ @、:、+など、記号キーの位置が違う


https://ushigyu.net/2012/06/27/difference_between_jis_and_us_keyboard/

このように、いくつかの違いがあります。

その中でも、②のかな/英数キーがない 非常に深刻な問題です。

なぜならキーボード上でかなと英語を切り替えられないからです。

ですが、これは解決できるのでご安心ください。

その2 日本ではUSキーボードがメジャーではない

今までJISキーボードを使ってきた人は、いきなりUSキーボードを使うと慣れていないので当然戸惑うと思います。

特に記号は配置が異なっているため、慣れが必要です。

USキーボードはキーの配置がよく考えられていて、記号はJISキーボードよりも打ちやすいと個人的には思います。

ですが、日本ではJISキーボードが一般的なので他のパソコンを使うときに多少支障が出る可能性があります。

そのため、頻繁に他のパソコンを使う方は注意する必要があります。

最後に

今回はUSキーボードをおすすめしてきました。

皆さんの選択肢の中にUSキーボードが増えると嬉しいです。

特にMacBookを購入する方は、キーボードまでこだわっているというだけでとても作業が楽しく捗るのでおすすめです。

ぜひ検討してみてください。

-ガジェット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【勉強編】大学生にiPadは必要か

先日、「iPadがノートとして使えるか」という記事を書きました。 しかし、大学生がiPadを買う必要があるかについて詳しく説明できませんでした。 というわけで、今回は「大学生にiPadは必要か」という …

【MacBook】外部モニターが映らなくなった原因は〇〇だった。

先日、普段通りクラムシェルモードで作業をしていたら急に画面が真っ暗になり、作業が中断されるという症状が出ました。 一度クラムシェルモードを解除することで直りますが、何度もこの症状が現れてかなり作業効率 …

【注意】最安値iPad2018年モデルを買う前に今一度確認して欲しいこと

現在最もコスパがよく、おすすめしている人も多いのがiPad2018年モデルです。 ですが、安いなりに欠点もあります。 というわけでこの記事では、iPadの購入を考えている方、特に2018年モデル(以下 …

【クラムシェルモード】MacBook使用者がモニターを購入したら世界が変わった

  先日、MacBookのクラムシェルモード用にモニター(ディスプレイ)を購入しました。 私はデスクトップパソコンを買ったことがなく、MacBookを使っていたので初めてのモニター購入に様々な不安があ …

【脱三日坊主】確実に継続出来るようになるアプリ!!

自分で決めたはずなのに「継続」って、なかなかできませんよね。 どうすれば、物事を継続できるのか知りたい人も多いと思います。 鬼のように強い意志を持っている人や相当の熱量があれば継続はできますが、なかな …