ガジェット 作業効率up

【クラムシェルモード】MacBook使用者がモニターを購入したら世界が変わった

投稿日:

 

先日、MacBookのクラムシェルモード用にモニター(ディスプレイ)を購入しました。

私はデスクトップパソコンを買ったことがなく、MacBookを使っていたので初めてのモニター購入に様々な不安がありました。

ですが、今回初めてモニターを買ってみて非常によかったので私と同様にモニターの購入を検討している方の参考になればと思い、購入に至るまでを書いていきます。

記事の最後に私が今回購入したものをまとめて掲載しています。

モニターが欲しかった理由

まず、私がモニターを購入した動機について説明したいと思います。

 

私はMacBook Airを使っており、このご時世なので自宅での運用が増えていました。

しかし、自宅でMacBookを使用していると不満な点がありました。
それは、

画面サイズが小さい!!

 

MacBookは外出先で使えるなどもメリットがある反面、内蔵ディスプレイが小さいため、複数の作業を同時に行ったり、ウインドウを複数出しているとスペースが足りず、文字が小さくかなりストレスがありました。

そして、デスクの上が占領されてしまうので手元のスペースがなく、いちいち片付けるのが面倒でした。

そこで、作業の効率UP&デスクをすっきりさせるためにモニター購入を考えました。

 

クラムシェルモード について

上記の理由でモニターの購入を検討しましたが、あくまでモニターの購入でありデスクトップPCとは異なるという事について説明したいと思います。

 

MacBook(Pro/Air/無印)にはクラムシェルモード という機能があります。(ご存知の方は飛ばしてください)

 

Apple公式の説明は以下の通りです。

Mac ノートブックの内蔵ディスプレイを閉じて、外付けのディスプレイやプロジェクタをつないで使うことができます。この内蔵ディスプレイを閉じた使用形態を「クラムシェルモード」と呼びます。

引用:Apple

 

つまり、MacBookとモニターがあれば擬似的なデスクトップ環境ができるというわけです。

しかも、このクラムシェルモードはデスクトップPCと異なり、パソコン本体(デカ箱)を置く必要がなく、MacBookとモニター +αがあればできます。

 

クラムシェルモード に必要なもの

続いて、クラムシェルモード に必要な物を紹介します。

 

とりあえず必要最低限のものはこちら。

・MacBook(電源が必要)

・モニター(電源が必要)

・HDMIケーブル
※MacBook2016年モデル以降の場合、USB Type-C用のHDMIケーブル or 通常のHDMIケーブル + HDMI変換が出来るUSB Type-Cハブになります。

・キーボード

・マウス

 

上記6つがあればクラムシェルモードが可能です。

Magic Trackpadが使いたい方は、別途購入することで、マウスの代わりに使用できます。

クラムシェルモードは、MacBookを閉じた状態で使用するので、別途キーボードとマウスが必要になります。(アップル純正でなくてOKです)

 

モニター購入前の不安点

いよいよ、モニターを購入です。

数あるメーカーの中でも有名な「EIZO」のモニターを購入しようと決めました。
(↓私が購入した商品)

理由は、国産であり評価が非常に高いこと、色の正確性に定評があることなどです。

(実はこのモニターを買おうと決めましたが、この段階でいくつかの不安がもありました。)

 

モニターを導入して 良かった点・悪かった点

わからないことや不安なことがいくつかありましたが、モニターを導入した結果、

非常に良かったです。

 

良かった点

・デスクがすっきり。

他の作業をする時にキーボードをモニターの下に移動させるだけで手元がすっきりしたので、今までよりデスクがすっきりしました。

※ちなみに、MacBook Airを立てておくためのスタンドも購入しました。地味にこれが一番いい買い物だったかもしれません。

 

・作業効率大幅UP⤴︎

MacBook Air本体の液晶ディスプレイ13インチに比べ、今回購入したモニターは23.8インチ。体感2倍くらい大きいです。

そのため、マルチタスクがストレスフリーで出来ます。YouTubeで二窓する際も超快適!

 

・疲れにくい!

MacBookと違い画面が目の前にあるので、下を向くことがなく疲れにくいです。

また、ディスプレイが大きいので、細かい字をみることがなくなり目も疲れません。

 

悪かった点

・MacBook本体が熱を持つ

クラムシェルモードではMacBookを閉じた状態で使用するため、排熱効率が悪く、熱をためてしまいます。

そのため、別途ファンを購入するなどの対策が必要になります。

まとめ

自宅で作業することが多くなったことにより、モニターの導入を行いましたが、結果として非常に満足のいくものでした。

今まで小さい画面で一生懸命がんばっていたのが馬鹿らしくなりました。

デスクトップパソコンを購入するのは難しいけど、大きな画面で作業したいという方はクラムシェルモード をお勧めしたいと思います。

 

今回購入したもの

-ガジェット, 作業効率up

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パスワードを定期的に変更するのはNG!その訳とは?

「パスワードは定期的に変更しないと危険だ!」 そう思っていませんか? 実は、この考えは古いもので現在では逆に定期的に変更することが危険です。 ITの発展した現代では生きていく上で非常に大切なパスワード …

【脱三日坊主】確実に継続出来るようになるアプリ!!

自分で決めたはずなのに「継続」って、なかなかできませんよね。 どうすれば、物事を継続できるのか知りたい人も多いと思います。 鬼のように強い意志を持っている人や相当の熱量があれば継続はできますが、なかな …

【注意】最安値iPad2018年モデルを買う前に今一度確認して欲しいこと

現在最もコスパがよく、おすすめしている人も多いのがiPad2018年モデルです。 ですが、安いなりに欠点もあります。 というわけでこの記事では、iPadの購入を考えている方、特に2018年モデル(以下 …

【初心者必見】ブラインドタッチの練習方法

パソコンを用いることが一般的になって、タイピングをするようになった人も多いと思います。 ですが、ブラインドタッチができる人は未だに少ないです。 ブラインドタッチは難しいものだと思っていませんか? 実は …

【勉強編】大学生にiPadは必要か

先日、「iPadがノートとして使えるか」という記事を書きました。 しかし、大学生がiPadを買う必要があるかについて詳しく説明できませんでした。 というわけで、今回は「大学生にiPadは必要か」という …